お問合せ全般は、下記ボタンからお願いします。

​3営業日以内に折り返しのご連絡をいたします。

ご入力いただきましたメールアドレスへ、自動返信メールを送付させていただいております。
自動返信メールが届かない場合は下記のケースが考えられます。

・ご入力いただいたメールアドレスに間違いがある
・迷惑メールに内包されている

上記ご確認の上、大変お手数ですが再度ご連絡をいただけますようお願い申し上げます。

Copyright あるかでぃあ. All rights reserved.

こんなお悩みにお答えします!

レシピ&レパートリーの悩み

●料理のレパートリーが少なく献立がマンネリ化してしまう


●冷蔵庫の余りもので一品作りたいが、案が思い浮かばない


●何を作っても似たような味の料理になる


●これは自信あり、という得意料理がない

 

レパートリーで悩まれる方の大半は、料理の一品を「ハンバーグ」「野菜炒め」といった「完結した一つのメニュー」として捉えがちです。

しかし、レパートリーの豊富な人は、実は違います。

 

食材 × 味付け × 調理法(煮る・焼く・蒸す)の、コーディネーション

 

として考えています(女性が洋服のコーディネートを考えるのと非常に似た感覚だと思ってください)

そのため、食材の一部や、味が少し変わるだけでも、いつもと似たような工程で、全く違う料理ができるのです。


レパートリーやレシピに関しては、食材同士の相性、食材と味付けや調理法の相性、といった、コーディネートの感覚が必要です。

どんな食材同士が相性がよいか、以外と万能な調味料の使い方、などのお話しもいたします。

解決・確認ポイント

※食材、調味料の特性を理解する

※よく合う食材の相性、食材と味付けや調理法の相性の知識を身につける

技術の悩み

●手際の良い料理に憧れるが、時間がかかり過ぎてしまう

●自己流でやっているので、これでいいのか不安になる時がある

●実は、包丁が今でも怖くて敬遠してしまう

料理技術の基本をしっかり学んだ方というのは意外と多くいません。自己流だったり、なんとなく、だったり。。。

そういう方は、実は自分のスキル以上のことをやろうとして失敗してしまうことが多く、そこから苦手意識を持ってしまう方が非常に多いのです。

決して料理が下手なのではありません。

 

現時点のレベルでは適切ではないことを、我流ゆえにやってしまう、だから上手くいかない

ご相談内容の原因が、実はこのようなことだった、というのは多々あります。

しかし、ご心配なく!

料理技術、といっても、膨大な量を覚えなければならないわけではありません。

料理技術には外せない大切なポイントがいくつかあり、それさえ身につければ、あとは非常に楽になります。

例えば、包丁。

スムーズに切るために一番大切なことは、実は手の動きだけではありません。

立ち位置、体の全体のフォーム、といったことのバランスをよくすること、が大切です。

これで、驚くほど格段に、切れ味がよくなるのです!

料理技術は一生もののスキル、一緒に楽しく身につけましょう!

解決・確認ポイント

※料理の基本技術(切る、加熱する、味付けする、など)をしっかり学ぶ

ご要望に応じては、包丁の実技指導なども行います。

時間の悩み

●とにかく忙しくて料理のことを考えるのもストレス

●共働き、子育てで多忙、新しい料理を考える余裕もない

●日々の食事や弁当に活かせる時短料理のテクニックを知りたい

 

 

「時間がない」これは、現代人の大きな悩みの一つです。

この「時間がない」という悩みは、複合的な要素による生じることがほとんどです。

例えば、

※包丁を使いこなせず切るのが遅い → 技術の問題

※2つ以上の料理を同時に作れない → 段取りの問題

※作りたい料理があって、時間がかかる → レシピと作り手のレベルの関係

こうした事柄が2つ以上あるときに、非常に時間を要してしまうのです。

 

まず、料理をするうえで、何に時間を取られてしまっているのか、を改めて振り返ってみましょう。

それが分かれば、あとは攻略のみ!

練習や改善を重ねていけば、きっとスムーズに料理をつくれるようになります。

解決・確認ポイント

料理をする時間を足りなくさせるものを冷静に振り返り、原因を見つけること

見つけた原因が料理にまつわることであれば(技術、レシピ力など)、無理のない範囲で、できるところから改善していくこと

まとめ

料理は工夫と発想とアイデアです。

 

●手際:料理の味を落とすことなく効率よく調理する術

●知識:「美味しい!」と笑顔で言ってもらえる料理を作るために不可欠な知識

●技術:「見た目」「味」を調えるのに必須のスキル

 

これらの要素を絡めるだけで、格段に料理スキルが上がり、ストレスが減っていくのです。

 

この3つの項目は、どんな料理にも欠かせないものですが、「難しくて苦手」という人のために料理のプロが、分かりやすく疑問にお答えします。

 

家庭料理は毎日のことだからこそ、無理をせず、自分の取り入れやすい方法で、取り組んでいくことが一番の早道なのです。